Loading…

スポンサーサイト

Posted by director★reiko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラルライフ

Posted by director★reiko on 14.2011 book   2 comments   0 trackback
ayasugiyama


芯があって たくましい 色っぽくて 料理ができる一面もあり 女性らしい 

特にすごい好きって言うわけでもないけど、なんか憧れる女性

杉本彩さん

本屋に行き、レジに向かう途中でこの本が目に留まる。

「私は自由に生きたい」

帯に書かれたこの言葉がとても「らしく」て、
そして、私の今のテーマも重なる。読んでみるか。

彼女の初の自叙伝である。

彼女がもつ男のような強さ、そして女らしさ
両方を持つ理由がこの本を読んでいるとよくわかる。

「女性として生きること」「結婚という制度」「年を重ねることの素晴らしさ」
また、「家族と他人」については、
詳しくは記述しないが、
自分が今日々感じている疑問やもやもやを一喝してくれており、非常にすがすがしい
気持ちになれた。

一言でいえば、「そうだよね。」



今の自分の現状は、自分の責任。
自分で一つ一つ解決しなければならない。

そう言われているようであった。


旅先でもう一回読みたい。


スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.28 17:14 | | # [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.01.18 15:41 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://director614.blog106.fc2.com/tb.php/165-2afdf15a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。